銀座でレンタルオフィスを探す

銀座というと高級ショッピング、夜の街というイメージが高いですが、その特性を活かして、レンタルオフィスの候補地の一つとして注目されています。
インターネットなどのコンピューター技術の進歩と普及により経済のグローバル化が著しい現代、企業のあり方も変化しています。

海外の会社との取引があるため、現地の時間にあわせ深夜の業務が必要になったり、業務を外資系企業に委託、あるいは外資系企業であるために現地の時間にあわせて業務を行う場合、通常のオフィス街に事務所や会議の場を設けるとなると、暗く静まりかえった場所で行うことになり、雰囲気、安全面で仕事をするという環境と言えなくなります。
オフィスビルの一室だけ夜の間ずっと明かりがついているというのも、同じビルに入っている他会社からすると違和感がありますし、警備上、深夜業務お断りのオフィスビルもあるようです。それから、従業員、取引先に女性がいれば治安面でもいっそう気になるところです。

それが 銀座であれば、官公庁オフィスビル群とは違って夜も駅周辺を始め街全体がにぎわっているということもあり、ちょっとした買い物や食事で外に出やすい雰囲気があるのは、上記に述べたような夜に業務が必要な業種、職種の方にとってはありがたい場所です。

また、銀座は昔から高級デパート、高級ブランド店が立ち並ぶなど明治時代から商業地として栄えてきた時代背景もあります。
ですから、高級ブランドを取り扱う職種、アパレルなどのファッション業界、バイヤー関係の職種の方にも商談の場が必要でレンタルオフィスを借りる際には、銀座はとても便利な場所であると言えます。

そして、最近ではランチミーティングなど食事を兼ねた会議や商談、会議や打ち合わせの後に食事や喫茶の場を設ける機会を増えていますが、銀座エリアなら、徒歩圏内にカフェから高級飲食店まで、選択幅があるのもメリットの一つで、そのために、電車や地下鉄で移動する必要もありません。
特に、外国人観光客も多く訪れる銀座エリアでは、外国人に好まれる日本料理はもちろん、イタリア料理やフランス料理など多国籍に渡った飲食店があり海外取引の多い会社、外資系企業にとっては、欧米系の企業にありがちなランチミーティング、ディナーミーティングのためのお店選びでも心配ないのが銀座の強みであります。

そのため、中央通りの東側には、多くのオフィスビルも増え、レンタルオフィスにも対応したビルもあり、検討する価値は十分にあります。

Copyright(c) 2015 U30レンタルオフィス All Rights Reserved.