業務に最適な無線機を紹介

イメージ警備業、タクシー業、物流、イベント様々なビジネスの現場で見直されているのが業務用無線機です。
何故無線機が必要かというと、業務の効率化が求められるからです。業務用無線で求められていることはコスト
面、効率性、合理性、安全性です。価格はもとより業務用無線では使いがってがよくなければいけません。
例えば小売業界で無線機が必要な場合を考えてみましょう。
小売業では品だしという作業が一般的です。品出しの仕事はバックルームに入って商品を持ち運び出します。
バックルームでは狭い場所もあるので無線機を携帯するにしてもできるだけ、業務に支障をきたさない程度の
小さいものが好まれるのです。もちろん繋がりや電波の感度と言うのも大事な要素ですが、
業務の効率化を考えると、軽量小型化という点も充分に考慮しなければならないのです。

もうひとつ例を挙げると警備業等も考えてみましょう。
警備業もビルの警備、屋外の警備、現金輸送等業務によってだいぶ異なります。
屋外の警備なら突然の雨等も考えられるので、防水性のものがいいでしょう、現金輸送等は
秘話性が重視されるので、盗聴が不可能なデジタルの機種を選びたい所です。

このように業種によって無線機の選び方も異なります。またその業種内の担当業務によっても
最適な無線機の選び方も異なってくるのです。
ここでは国内メーカー八重洲無線機株式会社の業務用ブランドであるスタンダードの無線機を紹介します。
八重洲無線機は無線機の老舗メーカーです。最近では業務用無線通信独立させ専門とし、各種産業分野で求められる様々なニーズに幅広く対応しています。

以下スタンダード無線機のラインナップです

デジタル無線機

  • VXD450R(登録局型のデジタル簡易無線)
  • 業務用VX-D5901U(車載型デジタル簡易無線)
  • 業務用VX-582
  • VXD450R
  • 登録局:VX-D2901U
  • 登録局:VXD450S

トランシーバー

  • 特定小電力トランシーバー
    FTH-307
  • 特定小電力トランシーバー
    FTH-308
  • 特定小電力トランシーバー
    FTR-400/500

これらスタンダード無線機の詳細についてはこちら

 

Copyright(c) 2015 U30レンタルオフィス All Rights Reserved.