バーチャルオフィスのメリット・デメリット

イメージ近年、様々な工夫が凝らされたオフィスが登場していますが、その中でもずば抜けて変わったタイプであるのが、「バーチャルオフィス」という、一般的なオフィスとは違って、空間ではなく住所や電話番号などをレンタルして事業を行うオフィスです。
このバーチャルオフィスには、たくさんのメリットがあるのですが、その一方でデメリットも存在するので、バーチャルオフィスを利用して起業する場合は、あらかじめメリットとデメリットの両方を知っておく必要があります。
そこで今回は、起業する前に知っておきたい、バーチャルオフィスのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

バーチャルオフィスのメリット

◇保証金が安い◇
バーチャルオフィスを利用する場合の保証金というのは、必要ない場合もありますが、必要であっても数千円から数万円程度なので、他のタイプのオフィスを借りる場合よりも断然安く済みます。

◇電話や郵便物を代わりに受け取ってくれる◇
電話や郵便物は、レンタルしている住所や電話番号のほうに行くため、電話や郵便物を代わりに受け取ってもらい、その後転送までしてもらうことができます。

◇個人情報を公開する必要がない◇
自宅で仕事をしている場合でも、公開されるのは自宅の住所や電話番号ではなく、レンタルしているほうの住所や電話番号になるので、個人情報を公開する必要がなく、プライバシーが保護されます。

◇スペースも利用できる◇
バーチャルオフィスを提供している運営会社では、使いたい時に使うことができるスペースもあらかじめ用意しているので、商談などでスペースが必要になった場合でも安心です。

◆バーチャルオフィスのデメリット◆

◇法人での口座開設が難しい◇
バーチャルオフィスだと、法人での銀行口座の開設が困難である場合が多く、取引に必要な銀行口座を作ることができない可能性があります。

◇郵便物が手元に届くまでに時間がかかる◇
レンタルしている住所に郵便物や荷物などが届くようになっているため、実際に自分の手元に郵便物や荷物が届くまでに時間がかかります。

◇急な来客への対応が不可能◇
普段その住所の場所で仕事をしていないわけですから、レンタルしている住所のほうに、急に来客が来てしまった場合、自分自身が来客に対応することができない可能性があります。

◇他社と住所が被ってしまう◇
バーチャルオフィスでは、他社と住所を共有することになるので、他社と住所が被っていることが取引先に知られてしまうと、そのことが原因で信用が得られにくくなる可能性があります。

Copyright(c) 2015 U30レンタルオフィス All Rights Reserved.