シェアオフィスのメリット・デメリット

シェアオフィス1軒の家を複数人で共有する「シェアハウス」の存在は、誰もが知っている常識だと思うのですが、「シェアオフィス」となると、「知らない」という方も結構多いのではないかと思います。
「1つのオフィスを複数人で共有する」というのが、このシェアオフィスなのですが、最近ではシェアオフィスを利用して起業する方も結構多く、人気があります。
そこで今回は、起業する前に知っておきたい、シェアオフィスのメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

◆シェアオフィスのメリット◆

◇低コストで起業できる◇
シェアオフィスを利用するにあたっては、「敷金」「礼金」「家賃」といった費用が、貸事務所を借りる場合よりも圧倒的に安く済みますし、オフィスの新築や改築、設備の整備といった部分にもお金が掛からないので、低コストで起業することができます。

◇起業準備を大幅に省くことができる◇
シェアオフィスの中には、業務上必要不可欠なOA機器や事務用品などの設備やオフィス家具などが最初から整えられているので、新たに設備やオフィス家具などを購入して揃えるといった手間がなく、起業準備を大幅に省くことができます。

◇好きな場所で仕事ができる◇
シェアオフィスの中であれば、自分の好きな場所で仕事をすることができるので、「気分転換を兼ねて仕事場所を変える」といったこともできます。

◇立地条件が良い◇
シェアオフィス自体が、駅から徒歩5分以内やオフィス街といった、立地条件が良い場所に建っている場合が多いので、立地条件の良い場所で起業することができます。

◇人脈を広げることができる◇
様々な会社の人とオフィスを共有しているため、たくさんの人との出会いがあり、シェアオフィスの中で人脈を広げることができます。

◆シェアオフィスのデメリット◆

◇雑音で気が散ることがある◇
ヘッドホンなどをしていても、周囲の雑音が気になって仕事に集中できない可能性がありますし、他社の人達である以上、注意することも難しい場合があります。

◇セキュリティー上の問題がある◇
例えば、業務上の電話をしている時に話を聞かれてしまったり、パソコン画面や資料を見られたりしただけでも、機密情報が漏れてしまう可能性があるので、機密情報を扱う作業をする場合には、別の場所を探す必要があります。

◇信用されない可能性がある◇
シェアオフィスである以上、他社と住所も共有することになるため、「同じ住所の会社が他にもある」という理由から、取引先から信用されない可能性があります。

Copyright(c) 2015 U30レンタルオフィス All Rights Reserved.