タイプ・料金視点のレンタルオフィス選び

オフィス選びレンタルオフィスを利用して事業を行いたいという場合、「レンタルオフィスを選ぶ」ということを、まず一番最初にやらなければなりませんよね。
レンタルオフィスを選ぶ際のコツとしては、いくつかコツがあるのですが、今回は「タイプ」と「料金」、それぞれの視点でのレンタルオフィスの選び方のコツをご紹介したいと思います。

まずは、「タイプ」の視点での選び方のコツをご紹介します。

レンタルオフィスには、様々なタイプのオフィスがあるのですが、大きく分けると「個室タイプ」と「シェアオフィスタイプ」の2種類のタイプに分けることができます。
どちらのタイプのレンタルオフィスも名前の通りなのですが、個室タイプは自分専用の個室・机・椅子を借りることができるレンタルオフィスのことで、業務に必要なものを持ち込んで置いておくことができます。
また、個室なのでプライバシーやセキュリティーの面でも安心して仕事をすることができますし、周りの目も気にせずに済むので、自分専用の机や椅子が欲しい場合や、プライバシーやセキュリティーのことを優先したい場合にはおすすめです。

そして、シェアオフィスタイプは、広々とした開放的な空間を複数人で共有(シェア)することができるレンタルオフィスのことで、パーテーションで仕切られたスペースを、必要な時に利用することができます。
様々な企業の人が集まるので、一種の交流の場にもなりますし、閉鎖的な空間で仕事をするのが苦手な方にはおすすめです。
また、起業したばかりでオフィスにあまりコストをかけることができない場合や、特定の作業場所を持たない、いわゆる「ノマドワーカー」の方にも最適です。

では次に、レンタルオフィスを借りる場合に誰もが気にする、「料金」の視点での選び方のコツについてご紹介します。

基本利用料の中に含まれるサービス内容というのは、レンタルオフィスを提供している会社によって違いがあり、例えば「このレンタルオフィスは基本利用料が安い」と思って飛びついたとしても、基本利用料の中に含まれているサービスが少ない可能性があります。
そうなると、サービスを利用するごとに料金が発生するので、結局は高いランニングコストを支払わなければならなくなってしまう場合もあります。
ですから、基本利用料の中に含まれるサービスと含まれないサービスに関しては、あらかじめしっかりと確認しておく必要がありますし「料金設定がわかりやすいかどうか」ということも確認した上でレンタルオフィスを選ぶようにしたほうが良いでしょう。

Copyright(c) 2015 U30レンタルオフィス All Rights Reserved.